大手の消費者金融を利用した体験談

自動車購入のために消費者金融のキャッシングサービスを利用することにしましたが、国内には多くの消費者金融審査甘いがありますが、その中で大手の会社を選択することにしました。大手の方がサービスが手厚そうだったのと、利用開始までの期間が短そうだったので、選択をしました。
 実際に大手の消費者金融のウェブサイト上から申し込みをしたのですが、即日で審査に入ったので非常に満足しています。審査では提出された身分証明書を元に信用情報の確認や在籍確認などが行われたのですが、どちらも問題なくスピーディに終わりました。すぐに最終手続きが終わり無事に専用のATMからお金を引き出すことができるようになりました。
 早速私は、近くにコンビニへ行きお金を引き出し自動車購入の手続きを完了させました。現在私は借りた50万円を毎月計画的に返済しています。お金を借りる前に返済のことをスタッフの人に相談したのですが、非常に丁寧な対応でしっかりとした計画を考えてくれました。その計画通りに返済が出来ているので、生活に支障は発生していません。消費者金融に対しては始め、あまり良いイメージがなかったのですが、今ではそのイメージは真逆です。とても丁寧な対応だったので、お金を借りる自分としては非常に助かりました。今度またお金を借りることがあったら、消費者金融を利用してみたいと考えています。銀行よりも金利が安かったので無理なく返済ができているので、満足しています。

プロミスで増枠するには?いくらまで可能?

プロミスは無利息期間が30日もある貴重な消費者金融です。
レイクもまた同じく無利息期間が30日間となっていますが、現在のところこの2社だけが30日という長い期間の無利息を用意しています。
せっかく無利息になっているわけです。
元金以外の費用はつかわずに返済をしていきましょう。
利息がないのに元金以外の費用、ここに不思議を感じるかもしれません。
返済をするためには振り込みやATM返済などがありますが、振込であればもちろん振込手数料がかかりますし、ATMの提携であればその分ATM利用手数料がかかります。
30日以内に返済をするというのであれば大きな金額を借りているわけではないでしょう。
そうなるとせっかくの無利息でありながら、返済に関わる手数料に金額を取られてしまうことにもなりかねません。
プロミスは店頭窓口であるお客様サービスプラザとプロミスATMであれば返済に手数料がかかりません。
さらにプロミスATMとなると返済は24時間可能となります。
お客様サービスプラザは平日の10時から18時までとなっています。
増枠を希望しているのであればなおのこと返済は滞らせることはできません。
コスト削減は大企業の目標ではなく債務者にも同じことが言えるのです。
小さな手数料と思われるかもしれませんが積み重なっていけば大きなものになってしまいます。
プロミスの返済に関わる手数料を無料にする方法を使ってコスト削減を守っていきましょう。